どすこい東大生の自分語り

どすこい東大生が自らの日常や趣味の話を中心に自分語りするブログ。

【怒りの復活】稀勢の里信者はカス。

ちわーーーーーーーーす。

f:id:tunge-nikudan:20181115160550j:plain

お久しぶりです。今回はどうしても我慢できなかったので復活させていただきました。

今朝、昨日までに四連敗を喫してしまった横綱稀勢の里が休場を宣言した件についてです。

正直、稀勢の里は今日引退を宣言するものかと思っていました。

なぜこんなことになってしまったのか。

これから稀勢の里はどうするのか。

空は何色か。

今回はその辺について自分の見解をぶちまけていきたいと思います。

 

初めに断っておきますが、別に私は稀勢の里が嫌いというわけではありません。

彼が緊張をほぐすために浮かべる不敵な笑顔や、ãç¨å¢ã®éç¬é¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæガチンコ力士として圧倒的腕力のみ横綱まで到達したその強さ、

ãç¨å¢ã®éå¼·ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんな状況に陥っても諦めない心

彼は心・()・体のそろった(?)本当に立派な力士だと思います。

 

しかし、そんな彼はいま進退を問われる人生の岐路に立たされています。

なぜこんなことになってしまったのか。

やはり原因は二場所連続優勝の代償に負った怪我にあるといえるでしょう。

 

当時、それまで準優勝続きだった稀勢の里がとうとう初優勝をしたとき、見切り発車的に横綱に昇進したわけですが、ファンの期待にこたえるかのように横綱となって初めての場所でも優勝を果たした。しかしながら、その優勝は自分の体を犠牲にしてやっと得たものだったのです。

それからというもの怪我が延々と続き気が付けば八場所連続休場。復活し、何とか皆勤した先場所でも10勝5敗。そして今場所は全くいいところがなく四連敗・・・

これが横綱なのでしょうか?

横綱とは強さの権化・象徴であると私は思います。

一年以上休んでその結果やっとさ勝ち越し・・・

正直大関時代のほうが強かったように思います。

なぜこんなことになってしまったのか。

それはさっきも述べたように怪我もその理由の一つではありますが、それ以上にもっと根本的な理由があると思います。

 

まず最初に結論だけ言ってしまうと

稀勢の里は可哀想な被害者である

というのが私の見解です。

 

なんの被害者なのか?それは

分不相応な評価を受けてしまったこと

です。

正直言って、たった一回の優勝で横綱にしてしまったのはゴリ押し以外の何ものでもありませんし、怪我なのに無理して優勝したのがさも美談であるかのように語られる風潮も全く良いものではありません。

時代が時代なら大横綱になれた素質があるのは事実ですが、今の彼ははっきり言って横綱にはふさわしくありません。

 

こういった諸々の問題の、諸悪の根源は

稀勢の里を盲目的に持ち上げる相撲マニア気取りの信者たち

にあると考えています。

稀勢の里は確かに素晴らしい力士ですが、立派な横綱であるとはお世辞にも言えません。

なのにも関わらず、なぜ信者たちは盲目的に稀勢の里を信奉し崇め奉り、手厚く擁護するのか。

それはもうはっきり言ってしまいますが、

彼らのゆがんだレイシズム

であります。

 

例えば歴代最強間違いなしの大横綱白鵬が八場所連続休場して初日から四連敗したらどうなると思いますか?

ここぞとばかりにやれ引退だの品格だのと大騒ぎするでしょう。

 

それに対して、今回の体たらくの稀勢の里に対しての擁護の多さは、宗教めいたものまで感じてしまいます。

なぜ稀勢の里がここまで擁護、いや、甘やかされているのか。

それは単に稀勢の里が日本人横綱だからです。

白鵬日馬富士鶴竜のモンゴル人3横綱が大相撲の頂点に君臨し、外国人力士が上位陣を独占しつつあるのが大相撲の現状です。

確かに相撲は日本の国技。このような状況喜ばしく思わない人も多いんでしょうね。

だからこそ寄ってたかって稀勢の里を持ち上げうとする。

白鵬が骨折で休場した今場所も、白鵬が休場を発表した際に多くの批判の声を目にしました。

「休み休み横綱の地位を守る老害力士」

「エルボー顔面粉砕野郎」

白鵬はサポーターで肘を凶器にしている」

など、大横綱に対してリスペクトが全く感じられないとんでもないコメントを平気でするような輩がたくさんいました。こういうコメントが見たい人はぜひ日本相撲協会ツイッターの公式アカウント

https://twitter.com/sumokyokai

のリプライ欄を見てみてください。

 

こういうコメントや白鵬稀勢の里に対する温度差から考えると、結局白鵬がモンゴル人だから批判・差別してるとしか考えられないんですよね

しかも大相撲において外国人を差別する行為はなぜか容認されているような不愉快な雰囲気が漂っていることも事実。

結局稀勢の里信者は心から稀勢の里のことを思っているのではなく、ただモンゴル人をはじめとする外国人力士差別の道具として稀勢の里を利用しているに過ぎないのです。

 

また、この前東大相撲部の新歓ツイッターでも言及したんですが、日本人横綱が生まれないのは学生相撲のせいという意味不明な難癖をつけている相撲ライターさん(笑)が複数いて、何をバカげたことを言っているんだろうと苦言を呈させていただきました。それで、今回の件でその人たちのツイッターをのぞいてみるとやっぱり盲目的な稀勢の里信者でした。

こういう人たちの希望は結局日本人に頑張ってほしいってことなんでしょうね。

まあ気持ちはわかります。

しかしながら、日本人を応援することと外国人力士を差別することや学生相撲を蔑視することなどを同一のことである思い込むことは大いなる誤りです。

無識な評論家気取りが上っ面だけ取り繕った中身のない言葉でいくら学生相撲を叩こうが、外国人力士を叩こうが、日本人力士が横綱になってくれるわけじゃないのにね。

盲目的な稀勢の里信者って結局日本人びいきの差別集団で、自分の気に入らないものに八つ当たりしてるはた迷惑な集団っていう認識でいいんですかね?

稀勢の里はなんも悪くありません。

稀勢の里を猛プッシュし甘やかし、より過酷な道を選ばせようとしている信者たちこそが諸悪の根源。

誰がどう見ても稀勢の里は限界。

もう引退しろよ稀勢の里

あなたはよく頑張った。

なぜこんな明白で当たり前のことを誰もはっきりと言えないのか。

本人が引退に踏み切れないのも信者のせい。

本当に信者は罪深いと思うよ。切腹しましょう!w

以上。

 

 

とりあえず稀勢の里はこれ以上晩節を汚す前に引退したほうがいいというのが個人的な見解ですね。

本当に彼のことを思うにであれば当然の結論では?

もちろんそれを決めるのは彼自身です。

悔いのない相撲人生を送ってほしいですね!

 

久しぶりにブログ書きました。

またなんか我慢できないくらいむかつくことがったら書きなぐろうと思います。

それでは

さよならー

ブログ休止のお知らせ

ちわす。

諸事情あってブログを当分休止します。

いつも読んでくれてる皆様、ホントにごめんなさい!

僕個人が少しトラブルに巻き込まれてしまい、到底ブログを書く余裕がありません。

余裕が出来たらブログ休止の理由とともに復活したいと思います。

 

いつ復活するのか?

その答えは...

 

tranquillo!!!

あっっっっっせんなよ!!!!!

【神カフェ】献血ルームは神【池袋豪遊編その2】

ちわわ。

f:id:tunge-nikudan:20180916192436j:image

どうも、ミスター赤十字こと、どすこい東大王です。

今回は前回の続きです。一応この話からでも楽しめる内容になっていますが、一個前の記事と合わせて読んでいただくとより楽しめると思います。

というわけで、前回、池袋の穴場インドカレーで豪華激安ランチセットを堪能したわけですが、その次にどこに向かったのでしょうか?

だいたいわかってると思うけど。

それでは、ご覧ください。

 

 

 

激旨インドカレーで贅の限りを尽くした後に向かったのは献血ルームだった。

献血ルームとは日本赤十字社が運営している献血を行える場所である。(そのまま)

流石に献血のお礼として現金などはもらえないが、なんとかの献血ルーム、無料でドリンク飲み放題、おかし食べ放題なのだ。さらに場所によっては漫画が置いてあったり、アイスが食べられたりとさらなる特典もつく。

献血を行えば何時間でもいる事が出来るので実質無料のカフェなのだ。

高校時代、ボランティア部で献血ルームのお手伝いボランティアに行っていた経験から献血に自信ニキとなっていた。ちなみに当時は街頭で献血の呼びかけを行っていた。さらに言うと、そんなことをしても全くモテたりはしなかった。世の中は顔である。(断言)コンタクトのアイシティの路上宣伝の人と声でバトルしたりしていた。あいつらなんで全員駅員みたいな発声してるんかな?

それはともかくとして、献血ルームはお金をかけずに時間を潰すには最高のプレイスなのであるッッ!!

どっかの留年芸おじさん(ꫛꫀꪝ✧‧˚)もおしゃれなカフェではなく、献血ルームで勉強しよう!

そんなことを考えているうちに献血ルームに到着。

池袋の献血ルームは初めてだったのでどんなもんかと思っていたが、恐らく今まで行った中ではナンバーワンの設備だっただろう。

この献血ルームに限った話ではないが、献血ルームはどこも外観からは考えられないくらいに綺麗だ。その辺のカフェよりも綺麗。

f:id:tunge-nikudan:20180916193928j:image

これがジュースなのだがもちろん無料で飲み放題。もう1台機械があって、この写真のやつとは違うものが飲めるようになっていた。

つまり何が言いたいかって言うと、めっちゃ種類が豊富ってこと。(無料)

この程度はまだまだ序の口。どの献血ルームも満たしている最低条件とも言える。

この献血ルームの特徴として他とコーナーで差をつけているのは漫画読み放題である。

写真は撮り損ねたが、ラインナップとしては

進撃の巨人」とか「ゴルゴ13」とか「ジョジョ」とかそのほか結構なメジャーな漫画がずらりと並んでいた。

特筆すべきは「GANTZ」が全巻置いてあったことだろうか。わかってるな〜。+810点

バキが置いてない。ー114514点

 

献血の前にやることは

1,血圧を測る

2,電子同意書に記入する

3,簡易診断を受ける

4,採血を受ける

5,暖かい飲み物を最低2杯飲む

 

という感じだった。

ちなみに、

エイズの検査のために献血に来た訳ではありません。

この注意を何回も確認される。

やはり命に関わることなのでここは重要なのだろう。

f:id:tunge-nikudan:20180916221337j:image

これは献血ルームにあった血圧計なのだが、上腕の上限が35cmだったため、血圧を正確に測ることはできなかった。

自分、上腕45cmオーバーなので。

この図太い腕のせいもあって採血には少しトラウマがある。中学時代、学校の健康診断の採血の際に、腕が太すぎて動脈が見つからず、何度も腕をぶっ刺されたことが多々あった。

ちなみに、献血ルームの看護師さんたちは採血のプロなのでめちゃくちゃ素早く、一撃で仕留めてくれました。

f:id:tunge-nikudan:20180916221759j:image

献血ルームからは池袋の景色が。とても見晴らしがいい。こんな感じで景色を眺めながら暖かいコーヒー牛乳を飲みながら過ごした。献血の時間になると渡されたブザーが鳴るという仕組みだ。

 

ブザーが鳴り響き、お待ちかねの献血タイム。

この献血ルーム献血後にアイスを食べさせてくれるのだが、献血前は食べないように釘を刺された。そんなに食いしん坊に見えたのか?まあええわ。

献血後のアイスタイムを楽しみにしつつ献血用のベッドへ。

このベッドには正面にテレビがついていて献血中も退屈することは無いだろう。

だが、献血開始直前、採血時とは比べ物にならないくらい図太い針を見て少し怖気づいてしまった。ご存知の通り、私は痛いことが嫌いだ。

献血は何度もやってきたが、毎回欠かさず怖気づいてしまう。

ズブリと、左腕に図太い針がつうずるっと突っ込まれた時はさすがに少し痛かった。血がドバドバ管を流れていく。どす黒い血だ。力の代償をひしひしと感じる。

ちなみに献血は一定以上濃い血でないと使い物にならないため、濃いに越したことはないだろう。たぶん。

経験上、10分くらいかかると思っていたが、その実5分程度で終わった。

 

さあ、お待ちかねのアイスタイムや。

f:id:tunge-nikudan:20180916223227j:image

うん!美味しい!

やっぱり献血ルームは最高だ!

f:id:tunge-nikudan:20180916223410j:image

献血メール会員のポイントが貯まってたので記念品が貰えました。

 

こんないいことづくめの献血ですが、この献血、制度上、年に3回しか利用することが出来ません。献血のやりすぎは危険だからね。

ちなみに献血には種類が結構あって、今回やったのは400ミリ献血なのですが、血小板などの成分献血であればこのインターバル期間が短いので最大年12回献血ルームが使えるとかなんとか。

久々の献血だったが、なかなか楽しい時間を過ごせた。

 

 

次回、献血で社会貢献を果たしたどすこい東大生が向かった場所とは.....!?

続く!w

 

 

 

【池袋の穴場ランチ】インドは神。【池袋豪遊編その1】

ちわーす。

f:id:tunge-nikudan:20180914203140j:image

夏休みの残りの予定が全てなくなってしまった悲劇のヒロイン、どすこい東大王です。(

 

今度、棚橋弘至選手が東大王に出演するらしいので僕も棚橋選手に会うべく東大王を名乗っていきたいと思います。

 

まあ、それはともかく、友人達との陰キャ旅行が諸事情あってキャンセルになったので、テンション爆下げしていた今日この頃ですが、そんな負のオーラを払拭すべく、今日は池袋で豪遊してきました。1人で。

ボッチの皆さん、必見ですよ。

君たちに僕がボッチでもカラオケ無しで1日過ごせる方法を教えたる!w

 

つーわけで、今日は色々回ってきたので、全部で3つのパートに分けてブログ書いていきたいと思います。

数を稼ぎたいからね。しょうがないね。

 

今回はグルメパート行きたいと思います。

それでは、ご覧下さい。(KBTIT)

 

 

 

朝8時、起床。

この日は術後10ヶ月が経った膝の検査のため、定期券外の王子病院まで行かなければならなかった。朝から雨が降っていたが、今日は池袋で豪遊する予定だったので仕方なく体に鞭を打って出発した。電車ではスマホに夢中で乗り換えを失敗するという痛恨のミスを犯したが、余分に金を払うことで帰って近道できた。

だが、1時間以上かけてやっとこさ病院についた所で衝撃の事実を知らされたのだった。

なんと、担当の先生の勤務日が変わっていたのだ。ココ最近は月一の通院だったので全く気づかなかった。病院側にも過失はないだろう。

だが、わざわざエクストラなマネーを払って来たというのに診察はやってません、というのはかなりショックだった。この交通費400円で大好きなカラオケを1時間半は遊べただろう。

さらに、あとになって気づいたのだが、ショックのあまり病院に傘を忘れてきてしまった。わざわざ忘れないようにお気に入りの傘を持っていったのがかえって仇となってしまった。

若干イラつきながら王子病院をあとにした訳だが、このまま手ぶらで池袋に行くのも負けな気がしたので、本郷によって来学期の諸手続きを済ませてしまうことにした。

法学部のPCルームにもちろん人は誰もいなかった。冷房をガンガンに効かせても文句を言ってくるガリガリ達はここにはいない。諸手続きそっちのけで、大学のWiFiで1時間ほどスマホゲームをするのは想定外だったが、まあ涼しいし仕方なかっただろう。

ネカフェから重い腰を上げて池袋に着く頃にはもう12時になっていたので池袋1のカレー屋に向かった。

 

f:id:tunge-nikudan:20180914192517j:image

画質が悪いのはご愛嬌。この看板にもあるとおり、地下一階の「もうやんカレー」.....

では断じてない。

4階のマサラハットであるッッ!!!

多分ここのインドカレーが池袋で1番うまくて安いカレー屋だろう。安いのが重要だ。

もちろん、ナンは食べ放題だ。

ナン食べ放題じゃないインドカレー屋はカス。

f:id:tunge-nikudan:20180914192736j:image

店内はこんな感じでなかなか小洒落ている。

平日とはいえ、天下の台所である池袋のお昼12時はどこに行っても激混み必至なのはみなさんもご存知だと思う。

しかし、ここは結構わかりづらい場所にあるし、外観だとやってんだかやってないんだか分からないような感じになっているので店はいっぱいになるものの、いつ行ってもすぐに入れる。神。

しかもランチタイムは午後4時までときた。

インドの時間軸なのか?知らんけど。

とにかく素晴らしい。

 

f:id:tunge-nikudan:20180914193314j:image

これ、昼のセットで1番高いやつ。

なんと1100円。ラッシーまでついてだ。

安すぎる。しかもナンが美味すぎる。

ブログ用に全部揃うまで我慢するつもりだったが、我慢できなかった。

 

「僕がさっき...食べちゃいました...」

「食べた!?この中の中で!?」(意味不明)

 

なんだかんだで、ナンをオカワリしまくった末、最高の昼飯をしっかりと完食し、次に向かったスポットとは.....!?

 

その2に続くッッ!!!

 

 

 

【池袋の秘湯】カプセルホテルの温泉施設に行ってみた【激アツサウナ】

ちわーす。

f:id:tunge-nikudan:20180910170114j:image

昨日は友人とバイト帰りに「池袋プラザ」っていうカプセルホテルの温泉施設に行ってきました。

料金は3時間で1500円でしたが、3時間まるまる居られる居心地のよい施設だったのでとても満足です!

内容としてはスーパー銭湯みたいな感じでしたね。カプセルホテル自体にもいつか泊まってみたいものです。

 

肝心のお風呂は

でかい湯船1つ。石風呂2席。サウナ2種類。水風呂。

っていう感じのラインナップでした。

 

でかい湯船はジェットバスとジャグジーが1つの湯船に集まってる感じで広々としていて気持ちよかったです。炭酸カルシウムパワーで疲れが取れた気がします。

 

石風呂は初めてで、最初は使い方がわからずあまり堪能できませんでしたが、ほかの客が使ってるのを真似てみたらガチ気持ちよかったです。具体的には石風呂にお湯ぶっかけてから寝っ転がるだけなんですが。10分くらいかな?ガチ爆睡してしまいました。

 

今回の施設で特筆すべきはやはり2種類のサウナですね。

遠赤外線サウナと高温サウナの2種類でした。

 

遠赤外線サウナの方は、温度自体はそれほどでしたが、謎の遠赤外線パワーで身体の内側からじわじわ暑くなる感じでした。

サウナ弱者の僕でも10分くらいは無理なく入ってられましたね。

 

高温サウナのほうですが、100度近いガチ高温でした。入室時に熱源の方に座ってしまったのですが、もはや座る椅子がクソ熱い。痛かったです。サウナ弱者は5分も耐えられなかったです。

 

サウナから出ると目の前にシャワーコーナーがあって、ボタンを押すと自動でシャワーが流れるのですが、これがクソ痛い。全方向から水の針が全身を貫き、シャワーコーナーの見た目も相まって、さながらアイアン・メイデンのようでした。一回使ってそれっきり使いませんでした。

 

ここの水風呂はデカくて助かりますね。

大男が3人入ってまだ余裕があるくらいの広さ。サウナの直後に入ると心臓に良くないと聞きますが、そこは若さでカバー。ガッツリ入りましたね。もちろん、入る前に水風呂の冷水で汗を流しましたよ。

サウナ→水風呂の組み合わせをすごく久しぶりにやったんですが、これやると水風呂から出る時に立ちくらみみたいな状態になるんですね。

なんだか浮遊感があってそれも気持ちよかったですが。

 

 

1時間ほど風呂を堪能したあと、2回の休憩スペースに行ったのですが、ここもめちゃくちゃ充実していました。

ふかふかベッドの並ぶ仮眠スペース。

漫画がめっちゃ置いてあるカフェスペース。

テレビ付きリラックスソファーの並ぶリラックススペース。

 

いやーどれも気持ちよかったですね。

漫画スペースではもちろんNARUTOを読みました。ちなみにバキは無かったです。(どうでも良い情報)

 

休憩スペースで1時間ほど休んだ後もう一度風呂に入って、しやわせな3時間は終了。

あっという間でした。

これで明日の稽古もはい!バッチリ!

と思っていたのですが、炭酸カルシウムによる偽りの超回復だったのか、今日の稽古は調子が悪かったです。

風呂だけではさすがに完全に回復できませんでしたね。

風呂プラス睡眠。これこそが最も正しいでしょう。

 

皆さんも、疲れたもおおおおおん、という日は帰りにカプセルホテルの温泉施設によってみるといいかもしれませんね。

 

最後に、深夜の池袋西口の治安はカス。

格闘技経験者の僕でも怖いと思うおにーさんが客引きやってました。

愛読者で僕の女性ファンの皆さんは気をつけましょう。あ、居ないからこの警鐘は無意味か。

失礼。

 

それでは

まったのー!!!

【栄光の記憶】巣鴨の王時代【AD2015〜AD2016】

ちわす。

f:id:tunge-nikudan:20180909004838j:image

東大相撲部のツタンカーメンこと、どすこい東大生です。

今日は今となってはなんの意味もない「過去の栄光」について語っていきたいと思います。

語ったことあったっけな?

まあ過去の栄光は何度語っても気持ちいいものですから今回も気持ち良く語っていきますよ〜イクイク

巣鴨の内情とかにも触れていくから受験生kidsおよびその親御さんは要チェックですを

 

それでは

編年体で書いていきますよ〜

 

AD2015

4月・・・初めて副級長になる。

巣鴨には中3〜高1にかけて数学クラスというものが存在し、数学の成績上位を集めた特別クラスをひとつ作ることが通例となっている。完全な成績クラスだと明確な差別になってしまうため数学だけを基準にしているのだとか。まあ数学が出来るやつは基本的に頭がいいので実質総合成績順になる訳だが。もちろん平成のアルキメデスことワタクシは2年間ずっと在籍していたが、成績によっては普通クラス落ちすることもある。2年間生き残るのはなかなか大変なのだ!2年間数クラで生き残り、かつ最終的には学級委員にまで登りつめたこのワタクシは偉いなぁ。巣鴨では聖域の級長高田のような一部例外もあるが、基本的には級長ー副級長ー学級委員(3名)が成績順で決められる。

高1終了時点でだいたい学年4位まで登りつめていたので学級委員になることが出来たのだった。それでまあ元数クラ完全生き残り勢から文系に行ったのはワタクシを含めてたった2名だったので、2クラスしかない高2以降の文系クラスで級長になることは間違いないと思っていました。しかしながら、蓋を開けてみればその2人はどちらも級長ではなかった。もう1人の方は確かに級長の器ではなかったけれども、俺は級長でしょ。とか思ってたのですが、よく良く考えればずっと数クラにこもっていた私がいきなり級長になってもかえって大変だったと思うので当時も良かったとむしろ安心していました。)

 

9月・・・政権交代。級長(担任の召使)に昇格。

(高2になってからというもの、苦手な理科科目が無くなったことで定期試験の王に。これから2年間、定期試験も校外模試も1度も負けることは無かった。圧倒的内弁慶。この頃は定期試験の成績で2位と平均10点差、合計で100点差以上つけて圧倒的なナンバーワンになっていたので成績がほぼ全ての巣鴨において文字通り王となりつつあった。いやーこの頃が1番すごかったね。人生で。正直巣鴨で俺より定期試験勉強してるやつ誰一人として居なかったので当然の結果ではあった。ここで、普通なら成績嫉妬民が「俺の方が校外模試は上やし」とか言うところだが、校外模試でも負けず、また理系も含めて高二のセンター模試で9割を超えたのは小生ただ1人だったので認めざるを得ない実力者となっていた。書くだけで気持ちいいなこれ。)

 

 

それ以降、ずっと1位を取り続け、通知表の一番右の欄は縦に並ぶ1の数字で一直線を描いていた。これは気持ちよかったな〜。しかも毎回大勝してたし。一教科抜きでも負けないくらいだったと思う。いやーこの頃が人生で最強だったな。担任の先生には級長ということで色々とこき使われたが、それがかえって嬉しかった。

やっぱり成績こそ正義の進学校に入って本当によかった。ま、私ジェントルマンなので素行もよく、無遅刻無欠席を6年間貫きましたし。置き勉もゼロで毎日パンパンになった製鞄を学校まで運んでましたし。おかげで筋トレになりましたよ。いやー、でもまさか遠藤賞まで貰えるとは直前にバラされるまで考えもしませんでしたよ。

 

遠藤賞とは我らが大正義巣鴨学園の創始者である遠藤隆吉先生の名を冠する、巣鴨の王の証であり、成績・素行ともに最高の「巣園健児」であることを示すものです。たぶん。

毎年卒業生の総代が貰えるほんとにやべー賞で、高1くらいまでは自分がそんなん貰えるなんて全く想像がつかなかったくらい栄光と誇りに溢れた偉大な賞でした。

せいぜい優等賞くらいでしょと思ってたんだけどなぁ。

f:id:tunge-nikudan:20180909004920j:image

(遠藤賞の記念品の花瓶)

 

今思うと高校時代は本当に楽しかったし、かけがえのない時間でした。

いつもの教室で毎日おんなじ話ばっかして盛り上がったり、高3の夏休みに毎日学校通って授業費のもとを取るべく、各教科の担当をこき使ったり。

辛いはずの受験期は正直めちゃくちゃ楽しかった。

 

やっぱり巣鴨がナンバーワン!

やっぱり巣鴨がナンバーワン!

やっぱり巣鴨がナンバーワンや!

 

最近は合格率がどうとか伸び悩んでいるという話をよく聞きますけど、そんな時はワタクシ、巣鴨の王を呼んでください。

僕は巣鴨が大好きです。

歴代の王に比べても

僕は特別才能があった方ではないので

逆に言えば、僕と同じことができれば東大くらいは余裕で受かるというわけです。

 

というわけで、巣鴨の王の力はいつでもお貸しします。

巣鴨の関係者の皆様、ワタクシをお呼びください!

いつでも行きますよ!

ついでに美味いもん奢ってください!

 

今年、巣鴨の後輩であるまっすーくんが我々東大相撲部の絆メンバーとなってくれました。

これを皮切りに巣鴨と東大相撲部の図太いパイプラインを築けて行けたら幸いです。

 

巣鴨の先生方、私を呼んでください!

必ずや東大合格者を増やしてみせますよ!

 

あ、そうだ。

来週の巣園祭に行きますので、僕を知ってる先生方は優しくお話してくれたら幸いです。

その日の話をまた自撮りとともにブログにしますので、よろしくお願いします!w

 

というわけで、

まったのー!!!

 

【客は神】言葉遣いが丁寧すぎる薬局レジ打ちさん

ちわす。

f:id:tunge-nikudan:20180907163055j:image

今日は僕がいっつもリハビリ後に某弁護士のソウルドリンクであるオランジーナを購入するプレイスである某薬局の名物店員について書こうと思います。

まあ名物ゆーても自分の中で名物なだけで別に有名とかではないんですが。

 

この店員さんのなにが凄いのかを説明するのは簡単なんですが、それだと1行でブログが終了してしまうので、実際今日購入した際のやり取りを書き起こしていきたいと思います。

 

 

どすこい(オランジーナをレジへ)

店員さん「お品物をお預かり致します。(車掌ヴォイス」

店員さん「85円でございます。(車掌ヴぉ)」

店員さん「100円、お預かり致します。(車掌ヴぉ)」

店員さん「15円のお返しでございます。(車掌ヴぉ)」

どすこい「...」(目を合わせずにぺこりと軽く会釈)

店員さん「どうも、ありがとうございました(車掌ヴぉ)」

 

 

と、まあこんな感じです。私どすこいが終始無言のキモオタなのは別として、お分かりいただけただろうか?

 

かなり丁寧な口調なのもそうだが、特筆すべきはその圧倒的車掌ヴォイスッッ!!

 

毎回オランジーナなんかを購入しているこっちが恥ずかしくなるほど圧倒的な丁寧感ッッ!!

 

駆け出しの声優がバイトをしまくって生計を立てているなんて言う話をよく聞きますが、彼はまさにそれのような気がします。

ここまで丁寧にされると少し恥ずかしいですが嫌な気持ちはしませんね。

 

リハビリもほぼ最終回に近く、この店員さんの声を聞くのもそろそろ最後になりそうです。一抹の寂しさがありますが、それは良いことですのでよきよき。

 

 

ん、今日はこれだけだよ。

これから後楽園ホールでやる新日本プロレスの大会を見に行くので今日はこれだけ。

プロレスの記事はみんな興味ないだろうから今日急いで書いたりしません。

明日ゆっくり書こうかな思ってます。

 

あ、そういえば今日のブログ、いつもと違うとこあるんですけどわかります?

 

今日のブログは太字がないんです。

今までアンドロイド端末から書いてた時は太字にしたり色々できたんですけど、どうやらiPhoneからは出来ないみたいです。

ま、これだけのことではAndroidはカス、の評価は覆りませんが。

というわけで今日はほんと終わり。

明日も書くかわかりませんが、いっつも読んでくれる皆様ありがとう!

 

どうもごっつぁんです!